日本ラグビー協会は1日、トップリーグ(TL)に所属する全選手を対象にした違法薬物検査を実施し、検査を受けた692人全員が陰性だったと発表した。薬物事件の再発防止のため、TL3節分の開催を休止したこと...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) ラグビーTOPへ