KDDIは19日、花園ラグビー場(大阪)で、競技中の選手の心拍数や走行距離などを測定し、選手やチームごとの活躍度や疲労度を「見える化」する実証実験を行った。データは会場の大型ビジョンに映し、観客がリ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) ラグビーTOPへ