熱戦が続くラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で、出場チームによる日本文化を尊重する行動が注目されている。サモア代表は公共のプールやジムなどを利用する際、施設側の要望に応じてタトゥーを隠す配慮を...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) ラグビーTOPへ