25日午後にラグビー・ワールドカップ(W杯)のフィジー―ウルグアイ戦が行われる岩手県釜石市の釜石鵜住居復興スタジアム周辺には、午前中から多くの観客やボランティアが詰め掛けた。東日本大震災の被災者で、...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) ラグビーTOPへ