国際統括団体、ワールドラグビー(WR)は24日、ワールドカップ(W杯)日本大会の審判員の判定に一部から疑問の声が上がっている問題で「基準が一貫していないと認識している、改善に自信を持っている」と異例...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) ラグビーTOPへ