ラグビーワールドカップ(W杯)の開催に向け、試合会場の一つ「釜石鵜住居復興スタジアム」(岩手県釜石市)で11日、国民保護法に基づくテロ対策訓練が行われた。県や自衛隊、消防などから約千人が参加し、避難...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) ラグビーTOPへ