ヤクルトが逆転勝ちで連敗を6で止めた。1―2の七回にともに代打の荒木、宮本の適時打で2点を奪った。4年ぶりに登板した歳内は5回2失点。梅野が今季初勝利、石山が10セーブ目を挙げた。DeNAは早めの継...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ