ロッテは14日、種市篤暉投手が横浜市内の病院で、右肘内側側副靱帯の再建手術を受けたと発表した。4週間はギプスで固定し、手術後4カ月で投げる練習を再開する予定。今季中の復帰は絶望となった。 ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ