DeNAは復帰したばかりのオースティンが一回に3ラン、五回に押し出し四球と4打点を挙げた。五回は倉本が2点適時打で突き放し、継投も決まった。中日は松葉が一回2死走者なしから4失点で流れを悪くした。打...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ