阪神が3連勝。一回に大山の18号3ランで先制。その後の再三の好機を生かせなかったが、継投で逃げ切った。八回途中1失点の秋山が自身5連勝で約1カ月ぶりの5勝目を挙げ、スアレスが15セーブ目。広島は反撃...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ