ヤクルトが追い付き、延長十回引き分けた。3―10の七回に山田哲人が3点本塁打で村上がソロ。八回は村上や塩見らの適時打など4安打3得点で同点とした。二回に逆転した広島は野村が7失点と粘れず、八回は塹江...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ