広島が1分けを挟んだ連敗を3で止めた。二回に松山の適時二塁打と田中広輔の適時打で2点を先制。四回に2点、八回は会沢のソロで加点した。九里は6回無失点で3勝目。ヤクルトは拙攻が響き、最下位に転落した。...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ