阪神は2―3と勝ち越された直後の七回に2死二、三塁とし、投手マクガフのボークとけん制悪送球で2者が生還して一気に逆転した。3番手の岩貞が5勝目、九回を締めた岩崎がプロ初セーブ。ヤクルトは拙攻拙守で勝...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ