オリックスは1―3の九回2死満塁で安達が2点適時打を放って今季5度目の引き分けに持ち込んだ。ソフトバンクは九回に抑えの森が3安打され、延長十回無死一塁から松田宣のバントが投飛で併殺になったのが痛かっ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ