楽天が競り勝った。五回に1点を先制されたが、その裏に岡島の適時打で追い付き、足立の併殺打の間に1点を勝ち越した。則本昂が6回1失点で5勝目を挙げた。西武はニールが6回2失点と粘ったが、打線が援護でき...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ