阪神は一回に大山の3点本塁打で先制し、四回は西勇輝の適時二塁打を含む4連打で3点を加えた。西が7回1失点で勝ち数先行の4勝目。ヤクルトは八回の青木の満塁アーチなどで追い上げたが、来日初登板のクックの...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ