広島は1―1の三回に鈴木誠の押し出し四球、堂林の2点打、ピレラ、会沢の適時打などで6点を勝ち越し、四回に堂林の2ランと会沢のソロで加点した。大瀬良は8回2失点で5勝目。巨人は畠が四球で自滅し三回途中...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ