序盤に点を取り合うも、三回以降は互いに無得点で引き分けた。ソフトバンクは一回に今宮のソロと栗原の適時打で2点を先制。ロッテはその裏に中村奨が適時打を放ち、二回に藤岡が同点適時打。その後は両軍の投手陣...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ