DeNAが逃げ切って連敗を2で止めた。二回に嶺井の適時打で先制、五回は宮崎の二塁打などで3点を加えた。井納は6回4安打で三塁を踏ませずに4勝目を挙げ、三嶋が7セーブ目。広島は九里が4失点と粘れず、反...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ