広島が相手ミスに助けられ、延長十回引き分け。1―2の八回に安打と失策などで2死二、三塁とし、岩崎の暴投で追い付いた。一回に2点を先取した阪神は無失点の秋山を五回限りで代えたが、追加点も奪えず、逃げ切...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ