中日が一回に阿部の2ランで先制し、巨人が七回にウィーラーの適時二塁打、代打亀井の犠飛で追い付いた。その後は互いに決定打を欠いて引き分けた。巨人は8投手の粘りの継投が光った。中日は初登板のロドリゲスの...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ