DeNAが2位に浮上した。2―2の五回に佐野の7号2ランで勝ち越し、七回に宮崎の適時打で加点。今永が六回途中2失点で5勝目。継投でしのぎきった。ヤクルトは小川が5回4失点と踏ん張れず、終盤の反撃も及...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ