広島が競り勝った。1―1の七回に代打坂倉の中前適時打で勝ち越した。大瀬良は要所で粘り、7回1失点で4勝目。阪神は七回の好機に福留が併殺打に倒れるなど打線が振るわず、好投の西勇を援護できなかった。...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ