ヤクルトが14安打で快勝した。一回に暴投で1点を先制。二回に宮本の適時二塁打で1点、三回には塩見の2ラン、五回には宮本の2点適時打などで3点を加えた。吉田喜はピンチで3併殺打を奪い6回2失点でプロ初...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ