互いに終盤の好機を生かせず、延長十回引き分け。梅野の3点本塁打で先手を取った阪神は八回の勝ち越し機で原口が倒れた。DeNAは七回にオースティンの適時打などで2得点して同点。十回はチャンスでサンズの好...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ