ヤクルトが今季3度目のサヨナラ勝ちを収めた。九回に5―5に追い付かれたが、先頭打者の青木の二塁打などで1死満塁として代打川端の左前打で試合を決めた。石山が2勝目。巨人は終盤に追い上げたが及ばなかった...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ