ロッテは七回に安田の適時打で先制し、八回に鳥谷の2点二塁打などで4点を加えた。4年目の種市が散発4安打でプロ初完封を飾り、3連勝で3勝目。西武は本田が七回途中まで1失点と好投したが、打線が援護できな...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ