楽天は逃げ切れず、延長十回の末に引き分けた。六回にロメロの犠飛と浅村の適時打で2点を先制。だが好投していた弓削が八回に3四死球で1死満塁として降板。2番手のブセニッツがジョーンズに2点適時打を浴びて...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ