広島が連敗を3で止めて最下位脱出。3番堂林が3二塁打を含む4安打で活気づけた。一回に鈴木誠が先制の2点打を放ち、三回は3得点。六回は松山の3ランなどで突き放した。大瀬良が3勝目。ヤクルトは新人の吉田...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ