楽天は一回に浅村の二ゴロの間に1点を先制した。五回に浅村の適時打、六回に辰己の2ランで加点。5―4の八回に鈴木大の2点適時打で突き放した。7投手でつなぎ、2番手の安楽が3年ぶりの白星。西武は勝率5割...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ