ヤクルトが競り勝った。4―4と同点にされた直後の七回に村上の中前打で2点を勝ち越し、6―5の九回に3得点と突き放した。阪神は六回に追い付いてからリリーフの伊藤和、馬場らが苦戦。流れを失い、最下位に逆...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ