ロッテが逃げ切った。一回に菅野と井上の2ランで4点を先制。二回に荻野、四回には菅野の適時打で加点した。種市が6回3失点で今季初勝利を挙げ、益田が5セーブ目。西武は松本が序盤に崩れ、打線の反撃も及ばな...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ