日本ハムが快勝した。二回に宇佐見、中島の連続適時打と大田の2点適時打、近藤の1号3ランで一挙7点を先制した。マルティネスが6回1失点で2年ぶりの勝利を挙げた。オリックスは序盤での失点が響き、連勝が3...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ