オリックスは1―3の八回に大城の適時打、吉田正の3号2ランで3点を奪い逆転した。田嶋が7回5安打3失点で今季初勝利を挙げ、九回はディクソンがしのぎ今季初セーブ。西武は松本が7回1失点と好投したが、救...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ