ソフトバンクは0―1の六回に柳田の適時打で同点とし、バレンティンの2試合連続の5号2ランで勝ち越した。七回には栗原の犠飛で加点。東浜が5回1失点で昨年5月以来の白星。日本ハムは12残塁と好機を生かせ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ