楽天は0―2の五回に鈴木大の適時打で1点を返し、続く浅村の2号3ランで逆転した。涌井が制球良く7回2失点で移籍後初登板を白星で飾った。森原は4年目でプロ初セーブ。日本ハムは新人河野が初登板で5回4失...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ