1年ぶりの公式戦マウンドで開幕投手の使命を果たしてみせる。ソフトバンクの東浜は右肘を手術した昨季、最後の登板が5月下旬だった。エース千賀が故障で出遅れる中、切れのある速球がよみがえり、プロ8年目で初...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ