阪神の青柳晃洋投手は練習試合で配球面を重視し、開幕に備える。登板予定の2日の広島戦に向け、1日は甲子園球場で行われた投手練習で汗を流し「直球と変化球のどういう組み立てで抑えられるか、試していきたい」...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ