西武の栗山巧外野手が23日、新型コロナウイルスの影響で試合ができない日々が続いている中で前向きな思考の重要性を説いた。オンラインでの取材で「今年に関しては異例の状況。あまり物事を深く考え過ぎないよう...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ