西武の山川穂高内野手が22日、オンラインで取材に応じ、試合数が大幅に削減される可能性がある状況にも「143試合でも、100試合になっても40本近く打ちたい。相当難しいけど、そのつもりで練習している」...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ