福岡県は11日、新型コロナウイルス対応の最前線で働く医療従事者を応援するための寄付口座を開設した。福岡ソフトバンクホークスの中村晃選手が1千万円を寄付し、贈呈式が開かれた。 ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ