昨年大腸がんの手術を受け、実戦復帰を果たしてから丸1年。阪神の原口文仁捕手が8日、甲子園球場での自主練習前にオンライン取材に応じ、「自分の感覚の中では昔のことのように感じる。まだ1年しかたっていない...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ