広島の大瀬良大地投手は常に実戦を想定し、調整を続けている。8日は、マツダスタジアムのマウンドで途中から打者役を立たせて91球。生命線のカットボールの精度が悪いと感じると「真っすぐはコースを間違わない...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ