広島の塹江敦哉投手は30日、マツダスタジアムで最速154キロを誇る直球の強化に励み「真っすぐのいい球を投げるということと制球を意識している」と説明した。  本拠地のマウ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ