2月に育成選手から支配下選手登録されたオリックスの漆原大晟投手は、実戦を意識した練習でレベルアップを図っている。30日は50球の投球練習などに取り組み「ただ投げるだけにならないように、走者を想定しな...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ