阪神の原口文仁捕手が29日、オンラインで取材に応じ、開幕が延期となったことで生まれた時間を生かし、攻守両面でのレベルアップを期した。甲子園球場での自主練習では打撃で強く振ること、守備では捕球技術の向...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ