プロ野球の広島は28日、新型コロナウイルスと闘う全ての人を支援するため、佐々岡真司監督と3選手が広島市にある感染症指定医療機関、舟入市民病院を訪問した。同監督は「元気、勇気を与えることしかできない。...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ