2012年を最後に2桁勝利から遠ざかっている中日の35歳、吉見一起投手が復活を懸けてもがいている。先発ローテーション入りを目指し「空いている椅子を奪う」と言い切った今季開幕は遅れているが「新しいこと...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ