巨人の大竹寛投手が24日、川崎市のジャイアンツ球場で、右肩周辺の肉離れからの復帰を目指して非公開でシート打撃に登板した。若手に対して32球を投げ「より実戦に近い形でできて良かった。全球種を思い通りに...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ