中日の加藤匠馬捕手が15日、ナゴヤ球場での練習で、下半身の動きを制限するトレーニング機器を右脚に装着してティー打撃を行った。伸び上がる癖の矯正や打席でしっかり回転できるようにするためで、タイミングを...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ